« ヘルパンギーナって!? | ホーム | 毎日緑茶を1杯以上飲んでいると、認知機能を改善できる!? »

2014年8月 4日

スイカの中にある4つのうれしい秘密とは?

夏といえば何を思い浮かべますか。
私は、「スイカ」です。
シャリッ!としたさわやかな歯ざわり、自然のなんともいえない甘さ、どれをとっても夏には欠かせません。

suika.jpg

スイカは美味しいデザート、という面だけではなく、栄養豊富だ、ということを知っていますか。
今回は、意外と知らない「スイカの知られざる秘密」を紹介しますね。

まず、スイカは栄養豊富で、しかも低カロリーなんです。
ビタミンC、Aも多くて、1カップ分のスイカだけで、一日分の20%のビタミンC、ビタミンAは一日分の17%を摂ることができます。
しかもカロリーは1カップ分でわずか46カロリー。
カリウム、それに食物繊維も多く、健康的な食べ物なんです。

また、高い抗酸化作用がある「リコピン」も、カップ1杯分で大きめのトマトのおよそ1.5倍の量が含まれています。

夏は日光で肌がダメージを受けているために、スイカを食べる、と言うことは必然だったんですね。
そんな「リコピン」ですが、冷蔵庫に入れて保存しないほうが、スイカに含まれているリコピンの量を保てるそうです。
またスイカには、筋肉痛を和らげてくれる効果も期待できるそうです。
それから、スイカはそのほとんどが水分です。
90%以上が水分のスイカは、水分補給のために食べるには最適なんです。
夏は脱水症状になってしまいやすいため、これを補うために食べることは正しいことだったんですね。

美味しいだけでなく、うれしい秘密がたくさん隠されていた「スイカ」。
今まで以上に、感謝しながら食べていこう、と考えさせられました。

このブログ記事について

このページは、まつさんが2014年8月 4日 23:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヘルパンギーナって!?」です。

次のブログ記事は「毎日緑茶を1杯以上飲んでいると、認知機能を改善できる!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。