ホーム | ヘルパンギーナって!? »

2014年7月25日

ストレスは体に悪い!なるべく解消させましょう

「ストレスが多くて大変」と聞くと、「みんな同じだよね」と思うかもしれませんね。
でも、ストレスというものは、体にとって悪い影響しかないんです。
たくさんストレスをためている人は、気付かなくてもどこかに不調がおきているでしょう。
ここでは、ストレスの悪影響、そしてそれをどうやって解消していけばよいのか、お話をしていきます。

sutoresu.jpg

ストレスは、肌にとっても悪い影響を引き起こしてしまうものです。
ストレスによる活性酸素の発生や、代謝の機能が落ちることなどが原因で、しみが多くなったり、ニキビもできやすくなります。
また、ホルモンのバランスが崩れて、生理不順や生理痛も引き起こしてしまうことがあります。
さらに、肩こりや頭痛、食欲の低下、夜眠れなくなるなど、ストレスによって体の不調は次々と起きてきます。

そして、体の不調だけではなく、心にも問題が起きることが多くて、多すぎるストレスはうつ病に近いような状態にまでなってしまう場合があります。
普段は何も感じないようなことでも非常に落ち込んでしまったり、何事にもやる気が出なかったりします。

そんなストレス、解消したいですよね?
このストレスの主な原因としては、多くの人に当てはまると思われるのは、過労、そして不規則な生活などが続いた場合です。
ストレスというものはなるべく早く解消してしまうのがベストです。
でも、忙しすぎる現代人の多くは、気付いたときには今までに話したような症状が出てしまっていた、という人も多いのです。
そこで、仕事の時、少しの休憩の間や、ストレスを感じたときに簡単に実行できる解消法を話します。

まずは、腹式呼吸。
これは、どこでも簡単に出来ますね。
鼻呼吸は、心が落ち着いてストレスの軽減に効果があるとされています。
また、香りがいいハンドクリームなどを手につけるのも、効果的です。
つけるときに、優しくさするようにするとストレスを和らげる効果も期待できます。

ストレスは、体に悪い影響を直接与えてしまうものです。
休日以外は仕事を頑張り、休みに好きなことをしたり、というのもいいでしょう。
ですが、ストレスを感じたその時に、すぐ解消するほうが効果が高いです。
心と体のために、こまめにストレスは解消していくことが望ましいです。

このブログ記事について

このページは、まつさんが2014年7月25日 18:17に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「ヘルパンギーナって!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。